司馬遼太郎の世界  (随筆・紀行記)

随筆・旅行記
書籍名 巻数 出版社 主な人物など 内容
  題名
春灯雑記 1 朝日文庫  
心と形    
護貞氏の話 ― 肥後細川家のことども    
仄かなスコットランド    
踏み出しますか    
義務について    
街道をゆく 夜話 1 朝日文庫  
 北海道 北海道、志の場所    
 東北 安藤昌益雑感    
ある会津人のこと    
 関東 上州徳川郷    
銀座知らず    
古本の街のいまむかし    
 中部 赤尾谷で思ったこと    
千葉の灸    
裾野(すその)の水    
大垣ゆき    
関ヶ原は生きている    
蓮如と三河    
 三重 上野と伊賀上野    
庭燎の思い出 - 伊勢神宮遷宮によせて    
 滋賀 叡山    
 京都 京の亡霊    
京・寒いころ    
舞台再訪(『竜馬がゆく』)    
「京都国」としての京都    
 大阪 大阪八景    
江戸期の名所文化 - 大阪の住吉を中心に    
いまからうまれるまち 大阪について    
コラージュの街    
大阪城公園    
駅前の書店    
酒郷側面誌    
 奈良 長髄彦(ながすねひこ)    
竹ノ内街道こそ    
国しのびの大和路    
 和歌山 雑賀男(さいかおとこ)の哄笑(こうしょう)    
戦国の鉄砲侍    
 兵庫 別所家籠城の狂気    
世界にただ一つの神戸    
兵庫と神戸    
 中国 生きている出雲王朝    
倉敷・生きている民芸    
お種さん    
 四国 宇和島人について    
土佐の酒と女    
あとがきに代えて(『歴史の舞台』)    
 九州 肥前五島    
鹿児島・知覧の武家屋敷    
薩摩坊津まで    
勁(つよ)さをもつ風土記(『ガイド 街道をゆく 東日本編』)    
私にとっての旅(『ガイド 街道をゆく 近畿編』)    
旅の動機(『ガイド 街道をゆく 西日本編』)    
無題(「残したい"日本"」アンケート)    
人間というもの  1 PHP文庫  
ある運命について 1 中公文庫  
歴史と風土 1 文春文庫  
歴史の舞台―文明のさまざま 1 中公文庫  
古往今来 1 中公文庫  
この国のかたち 1 1 文春文庫  
この国のかたち    
朱子学の作用    
”雑貨屋”の帝国主義    
”統帥権”の無限性    
正成と諭吉    
機密の中の”国家”    
明治の平等主義    
日本の”近代”    
尊王攘夷    
浄瑠璃記    
信長と独裁    
高貴な”嘘”    
孫文と日本    
江戸期の多様さ    
若衆と械闘    
藩の変化    
土佐の場合    
豊臣期の一情景    
谷の国    
六朝の余風    
日本と仏教    
日本の君主    
若衆制    
苗字と姓    
あとがき    
この国のかたち 2 1 文春文庫  
   
天領と藩領    
婚姻雑話    
土佐の場合    
肥後の場合    
華厳    
ポンペの神社    
   
カッテンディーケ    
江戸景色    
十三世紀の文章語    
典型    
無題    
汚職    
職人    
   
会社的”公”    
一風景    
師承の国    
ザヴィエル城の息子    
GとF    
市場    
越と倭    
ズギ・ヒノキ    
あとがき    
この国のかたち 3 1 文春文庫  
戦国の心    
ドイツへの傾斜    
   
室町の世    
七福神    
   
秀吉    
岬と山    
   
家康以前    
洋服    
「巴里の廃約」    
「脱亜論」    
文明の配電盤    
平城京    
平安遷都    
東京遷都    
鎌倉    
大坂    
宋学    
小説の言語    
甲冑(上)    
甲冑(下)    
聖たち    
あとがき    
この国のかたち 4 1 文春文庫  
   
室町の世    
   
   
わだつみ    
   
   
招魂    
別国    
統帥権(一)    
統帥権(二)    
統帥権(三)    
統帥権(四)    
うるし    
白石の父    
近代以前の自伝    
李朝と明治維新    
長崎    
船と想像力    
御坊主    
日本人の二十世紀    
あとがき    
この国のかたち 5 1 文春文庫  
神道(一)    
神道(二)    
神道(三)    
神道(四)    
神道(五)    
神道(六)    
神道(七)    
会津    
大名と土地    
鉄(一)    
鉄(二)    
鉄(三)    
鉄(四)    
鉄(五)    
室町の世    
連歌    
宋学(一)    
宋学(二)    
宋学(三)    
宋学(四)    
看羊録(一)    
看羊録(二)    
藤原惺窩    
不定形の江戸学問    
人間の魅力    
あとがき    
この国のかたち 6 1 文春文庫  
歴史のなかの海軍(一)    
歴史のなかの海軍(二)    
歴史のなかの海軍(三)    
歴史のなかの海軍(四)    
歴史のなかの海軍(五)    
〔随想集〕    
旅の効用    
うたうこと    
声明と木遣と演歌    
醤油の話    
言語についての感想(一)    
言語についての感想(二)    
言語についての感想(三)    
言語についての感想(四)    
言語についての感想(五)    
言語についての感想(六)    
言語についての感想(七)    
雑話・船など    
コラージュの街    
原形について    
祖父・父・学校    
街の恩    
源と平の成立と影響    
役人道について    
十六の話 1 中公文庫  
文学から見た日本歴史    
開高健への弔辞    
アラベスク - 井筒俊彦氏を悼む    
“古代史”と身辺雑話    
華厳をめぐる話    
叡山美術の展開 - 不動明王にふれつつ    
山片蟠桃のこと    
幕末における近代思想    
ある情熱    
咸臨丸誕生の地    
大阪の原形 - 日本におけるもっとも市民的な都市    
訴えるべき相手がないまま    
樹木と人    
なによりも国語    
洪庵のたいまつ    
二十一世紀に生きる君たちへ    
「明治」という国家 1 NHKbooks  
ブロドウェイの行進    
徳川国家からの遺産    
江戸日本の無形遺産"多様性"    
青写真なしの新国家    
廃藩置県 - 第二の革命    
文明の誕生    
『自動論』の世界    
東郷の学んだカレッジ - テムズ河畔にて    
勝海舟とカッテンディーケ - "国民"の成立とオランダ    
サムライの終焉あるいは武士の反乱    
「自由と憲法」をめぐる話 - ネイションからステートへ    
おわりに "モンゴロイド家の人々"など    
あらたな「あとがき」    
「昭和」という国家 1 NHKbooks  
何が魔法をかけたのか    
脱亜論私の読みかた    
帝国主義とソロバン勘定    
近代国家と"圧搾空気" - 教育勅語    
明治政府のつらさ - 軍人勅論    
ひとり歩きすることば - 軍隊用語    
技術崇拝社会を曲げたもの    
秀才信仰と骨董兵器    
買い続けた欧州近代    
青写真に落ちた影    
江戸日本の多様さ    
自己解剖の勇気    
日本語について    
兵器のリアリズム    
長安から北京へ 1 中公文庫  
歴史と小説 1 集英社文庫  
新撰組    
土方歳三の家    
幕末のこと    
竜馬の死    
維新の人間像 - 萩原延壽氏との対談    
清沢満之のこと    
ある情熱    
市民の独語    
  新しい通念    
  軽い国家    
  軽薄へのエネルギー    
  秩序について    
  僻地にいると    
  だけの人間    
日本史の中で暮らして思うこと    
  めでたき百年目    
  明治百年    
  明治の若者たち    
  この気違い勉強    
  江戸幕府の体質    
  米のこと    
  京の味    
旅のなかの歴史    
  近江の古社    
  京の翠紅館    
  三草越え    
  上州徳川郷    
  土佐の高知で    
  葛飾の野    
  五稜郭の百年    
  草創のころの海軍    
  海流が作った町    
  出石の兄弟    
  肥前の五島    
  新撰組の故郷    
  軍神・西住戦車長    
歴史小説と私    
  大衆と花とお稲荷さん    
  わが小説 - 梟の城    
  私の小説作法    
  歴史小説を書くこと    
日本語について    
むだばなし    
風塵抄 2 中公文庫  
ロシアについて 1 文春文庫  
ロシアの特異性について    
シビル汗の壁    
海のシベリア    
カムチャッカの寒村の大砲    
湖と高原の運命    
二十一世紀に生きる君たちへ 1  
二十一世紀に生きる君たちへ    
洪庵のたいまつ    
草原の記 1 新潮文庫  
余話として 1 文春文庫  
話のくずかご
  話のくずかご    
  アメリカの剣客    
  春日の大杉    
  千葉の灸    
  普仏戦争    
  村の中心    
  策士と暗号    
  ひとりね    
  有馬藤太のこと    
  日本人の名前    
  日本人の顔    
  浪人の旅    
  異風の服装    
  武士の言葉    
  謀殺    
  どこの馬の骨    
  幻術    
要らざる金六    
ある会津人のこと    
太平記とその影響    
日本的権力について    
霍去病(かくきょへい)の墓    
人間の集団について ベトナムから考える 1 中公文庫  
アメリカ素描 1 新潮文庫  
歴史の世界から 1 中央文庫  
歴史の世界から    
  別所家籠城の狂気    
  僧兵あがりの大名    
  時代の点景としての黒田官兵衛    
  世界を変えた黄金の城    
  私の秀吉観    
  家康について    
  川あさり十右衛門    
  千石船    
  江戸遷都秘話    
  剣豪商人    
  粗食    
  日本史から見た国家    
  競争原理をもちこむな    
  織田軍団か武田軍団か    
  一つの錬金機構の潰え    
  荒海への出航    
人と軌跡    
  海音寺潮五郎氏のこと    
  石上玄一郎氏と『彷徨えるユダヤ人』    
  富士正晴氏と『往生記』    
  八木一夫と黒陶    
  三岸節子展に寄せて    
  安藤昌益雑感    
  濃密な戦争像    
  ステパーノフ『旅順口』について    
  平尾道雄史学の普遍性    
  加藤九祚さんの学問と人間    
  貝塚茂樹『中国の古代国家』について    
  文章日本語の成立と子規    
    願望の風景    
  願望の風景    
  無銭旅行    
  国しのびの大和路    
  戦車と文明    
  私の関東地図    
  鹿児島再訪    
  オーストラリア雑記    
  村重という変なひと    
  『胡蝶の夢』の連載を終えて    
  樹霊について    
  蝶への想い    
  自分の作品について    
歴史を紀行する 1 文春文庫  
竜馬と酒と黒潮と (高知)    
会津人の維新の傷あと (会津若松)    
近江商人を創った血の秘密 (滋賀)    
体制のの中の反骨精神 (佐賀)    
加賀百万石の長い眠り (金沢)    
好いても惚れぬ権力の貸座敷 (京都)    
独立王国薩摩の外交感覚 (鹿児島)    
桃太郎の末裔たちの国 (岡山)    
郷土閥を作らぬ南部気質 (盛岡)    
忘れられた徳川家のふるさと (三河)    
維新の起爆力・長州の遺恨 (萩)    
政権を亡ぼす宿命の都 (大阪)    
手掘り日本史 1 文春文庫  
私の歴史小説    
  庶民の風土    
  生活史への興味    
  上方の精神風土    
歴史のなかの日常    
  トシさんが歩いてる    
  歴史を見る目    
  史料の語りくち    
  歴史のプラスとマイナス    
  手ざわりの感覚    
歴史のなかの人間    
  見える目と見える場    
  義経という人気者    
  史観というフィルター    
  体制製造家と処理家    
日本史と日本人    
  日本的正義感    
  藩というイメージ    
  蘭学と英学    
  思想と技術    
  無思想という思想    
  日本史のおもしろさ    
    わが小説のはじまり    
以下、無用のことながら 1 文春文庫  
新春漫語    
綿菓子    
普天の下    
答えのない理由    
心のための機関    
古本の街のいまむかし    
駅前の書店    
学生時代の私の読書    
つたなき五官    
昇降機    
裾野の水ー三島一泊二日の記    
私の播州    
活字の妖精    
自作再見『竜馬がゆく』    
火のぐあいー成瀬書房版『故郷忘じがたく候』後記    
『飛ぶが如く』について    
官兵衛と英賀城    
『この国のかたち』について    
文化と文明について    
概念! この激烈な    
日韓断想    
バスクへの尽きぬ回想    
人間について    
天人になりぞこねた男    
大垣ゆき    
宇和島人について    
博多承天寺雑感    
以下、無用のことながら    
断章八つ    
浄土 - 日本的思想の鍵    
蓮如と三河    
日本仏教小論 - 伝来から親鸞まで    
報恩    
恩師    
岡本さん    
私どもの誇りである人として    
土と石と木の詩    
米朝さんを得た幸福    
多様な光体    
サンペイさん発達史    
三十余年    
大きな自己    
私事のみを    
「銅」との無駄話    
魚の楽しみ - 『湯川秀樹著作集』が出ることをきいて    
風蘭    
本の話 - 新田次郎氏のことども    
若いころの池波さん    
美酒としての文学    
唐へのゆたかな誘い    
俳句的情景    
弔辞 - 藤沢桓夫先生を悼む    
人間として ー 近所の友    
並はずれた愛 - 棺の前で    
信平さん記    
鮮干煇ツヌヒさんのこと    
弔辞 - 山村雄一先生を悼む    
モンゴル語の生ける辞書 - 棈松アベマツ先生を悼む    
鴨居玲の芸術    
二十年を共にして - 須田剋太画伯のことども    
井伏さんのこと    
虹滅コウメツの文学 - 足立巻一氏を悼む    
中島さんの「友達好き」    
不滅について    
遊戯ユゲ自在 富士正晴    
非考証・蕪村 毛馬    
非考証・蕪村 雪    
『三四郎』の明治像    
渡辺さんのお嬢さん - 子規と性について    
書生の兄貴    
沈黙の五秒間 - 私にとっての子規    
ひとびとの跫音 2 中公文庫 正岡子規の詩心と情趣を受け継いだひとびとの豊饒にして清々しい人生を深い共感と愛惜をこめて刻む。
歴史の中の日本 1 中公文庫  
   
   
   
   
歴史と視点 - 私の雑記帖 1 新潮文庫  
大正生れの『故老』    
戦車・この憂鬱な乗物    
戦車の壁の中で    
石鳥居の垢    
豊後の尼御前    
見廻組のこと    
黒鍬者    
長州人の山の神    
権力の神聖装飾    
人間が神になる話