3.四方山 (よもやま)話

母、タケノ

母は今年の8月1日に88歳になる。

母は太平洋戦争のころ中国満州で紡績関係の仕事をして、終戦後引き揚げてきた。仕事では主任クラスの仕事をしていたようで、治安の悪い中で苦労もたくさんあった、と話していた。


戦争に召集され戦後ボルネオから引き上げてきた父と結婚し、私たち子供3人を育てて来た。事情により父方の甥2人を預かり一緒に生活していた時期もあった。

子育ての頃は、子供3人、甥2人、義母、義妹の9人の生活で、けっして贅沢や無駄が出来る状態ではなかったが、子供心には大変な貧乏とも感じなかったのは両親たちが一生懸命働いていたからであろう。

母は皆の朝食、父親達の弁当、共同水道での洗濯など休むこと無く体を動かしていた。小生などもは弟を背負っての子守、木工職場へ自転車通勤をしている父の自転車で弟を荷台に乗せての保育園送り、七輪での火熾し・・皆が何かの分担仕事をしていた。


保育園のころは月末支払いの園費(250円か500円だったと思う)が、父の給料が5日なのでいつも毎月の支払袋を月末近くに園から受け取るも持っていけなくて、母は小生に「後日払います」と言わせ知らん顔していた。

小生は長男で服はいつも貰いものであった。小学ズボンも上と下を繋いだものだった。
小学校五年の時に新しい学生服を買ってもらったが、なかなか着せてもらえなくて、やっと6年生になる正月に新しい服を着せてもらえたことが小学生の時の一番の嬉しい事だったように思う。



小生が小学3・4年生のころだと記憶するが、弟の保育園入園の目処が立ち、母は父が勤める近所の木工所へ家計の手助けで勤めに出た。その後、手取りが少しでもいいと新しい仕事を探してきた。
・別の会社の木工所の手伝い
・市内のバスターミナル2階食堂の営業が済んでからの掃除
・電信電話公社の掃除(現在の宅地拡張購入時に公社職員のご協力で電柱移動してもらったり)
・屋台収納基地からレンタル屋台を2km引いてラーメン屋営業(一時手伝いに来るか、と母が聞くから約2kmの基地まで行き、営業場所まで屋台を押していったがラーメンを食べさせてくれなかったのは記憶に残っている)など、
収入アップのためにいろいろな努力をしてきてきた。
対人間関係もこの時期に多くの人との対話が出来るように幅が広がったのではないか。


このころもまだまだ貧乏で、土曜日昼から下校して一人で昼食を食べるが、おかずはいつも無く引出しに10円あれば「八百屋、辻」に行き、赤豆10個10円で買ってきてご飯にまぶして食べていた。
引き出しにお金が無い時は、ご飯をおひつから碗に盛り砂糖を振り掛けて食べていた。そのじゃりじゃり感は今も歯の感触に残っている。・・・たぶん妹・弟はこの経験はないのではないか。



こんな中、昼に有った引出しの中の少しまとまったお金が夕刻には無くなっているのに何となく違和感があったにも係わらず、そのお金は大人の範囲のものであり遊びにも忙しい小学生心には異次元の出来事であった。
しかし母親にとっては今日明日の生活に密着したお金であり、小生に問いただすも分かるものではない。
いつも定刻に帰宅する父がたまたまその日は遅くなり、その夜は母と父がなにやら話をしていた。
義母や近所の井戸端会議で「・・遊ぶのはいいが支払いのお金を使って・・許せない・・」とか何やら話をしていたが、数日後母の姿が見えなくなり、少し慌てた父は関係筋にアンテナを張り実家の香川県に帰っているとの情報を得るも、なかなか連れ戻す手段と決断を持ってなく、車を持っていた親戚の方に二度行ってもらった。
母の帰宅は約2・3週間後だったのではないか。
大きくなってから判明したが、父は男としての欲求をお金で買っていたと分かり、苦しい生活の中で好きな晩酌、毎日曜のパチンコだけでは人生感に穴が空いてる部分が埋められない感情があり、感情を始めて表面に出しことに、男の親近感を感じた。



中学生になって、6畳、3畳の二間しかない部屋の3畳の部屋をもらい、夜に少しの宿題も出来るようになると若干成績が上がった。
母としては自慢になり近所の井戸端会議でもらしたかもしれないが、西隣のおばちゃんの孫の小学生家庭教師の依頼があり、1mの窓を乗り越えて3畳の部屋に週一回日曜日に来るようになった。
その後、小生はその子の少ししか上がらない成績や反応が返ってこない姿勢が、嫌になり「止めたい」と母に言うと「その3000円が今は家庭になくてはならないから続けて欲しい」と。
その時の母の顔は生活疲れを子供に見せられない顔と辛抱して欲しい顔がダブって見えた。
が、一年くらい経過後年度区切りで止めたと記憶する。


このころは弁当箱もおばさんの払い下げの剥げた花柄アルミ製で、おかずはコロッケ2個だった。
今では友人に笑い話として話せるが、友達がおかずを覗き込むのを蓋で隠しながら食べていた。コロッケ2個は家族の中では決して粗末なおかずではなかったが、毎日は止めて欲しいと思うもなかなか言えなかった。
母は子供心を知っていたと思うが、その顔はいつも知らん顔であった。
ただ、工業高校に入ってからの弁当のおかずは誰にも負けないもので、もう少し少なくして欲しいと言うも3年の卒業まで少なくならかった。
高校の成績を一度も確認することがなく小生を信頼していた母は、今までの貧相なおかずの反動や、いい就職に向けての頑張れ感があったのではないか。


高校卒業時にスーツを新調してもらった。支払いは母。薄緑色をベースにした薄いチェックが入っていたと思う。仕立て屋に狭い家に来てもらい検寸し、1ヶ月近く経って初めてスーツを着た。隣の友人とこれを着て繁華街に数度飲みに出た。
初任給は28500円で、初めのうちはほとんどを母に渡していたと思うが・・定かでない。この時期の母の顔は苦しい生活観を滲ませていた顔は少なくなり、苦しいなりにも生活感向上や自分の仕事や義母との関係でゆとりの時間を持てるようになったと思う。


高校卒業後10年、薄暗い家から家族全員の6人新住宅に移った。
「今、前の家に行ってみるとよくあの薄暗いところで生活をしてきたものだ・・」と言い、新しい生活を実感していたようだ。。
この時期は子供3人も就職し、父も木工職定年で土いじり、母も数年で退職し年金暮らしに入り、自分の生活を楽しむようになり毛糸の編み物を、家族や関係者にたくさん編んでいた。
交友関係にも新しい名前を聞くようになり、いっそう活動枠が広がったように思われる。


年金生活に入り活動枠が広かると同時に、怪我、病気との遭遇も多く入退院が多くなった。
家族の注意にも聞かず雪に日に自転車で出かけ、転んで膝を打ち救急車で運ばれ入院、その後の膝の痛みに悩まされた。
外出先で転び、股関節骨折で金属挿入。退院後数ヶ月でまた転倒で股関節骨折で金属挿入で両足に金属挿入・・これでバランス取れたのか足の骨折はなくなった。
また高血圧で寝込んだり、古傷の膝に水だ溜まるとかでたびたび入院。
さらには内科通院中に口元の締まりがおかしいと感じ、自らタクシーで掛かりつけ総合病院へ行き緊急の脳内出血手術を2回も受けたり、眼科、頻尿、高血圧、骨折その他で治療系だけで年間40万円を超える医療費支出、さらに介護系でも年間数十万円の出費をしていた。

いつも介護系関係者や知人友人に部屋に入っていただき会話を楽しんでいた様子がいつも目にしていて、この関係者とのコミュニケーションが人の幅を広げていた模様だった。


新宅は幸いにも義母、父母、子供3人の各部屋があり、さらには妻+子供が増え賑やかな家庭になった。
ただ、家族の多さと賑やかさは一面微妙な人間関係を伴うものらしく相互が窮屈なものを含んだ場面もあったと思われる。
ただ母にとって義母他界、子の独立、小生の単身赴任や孫の自立、さらには2年前の父の他界などで空き間が出て、年齢から来る不安も加算され戸締りが極度になったり、長女の妹に頼る部分が多くなったように思われる。

もの静かで何事も母に頼っていた父。誠実さ人の良さなどだけでは埋められない生活面の隙間は、丈夫で元気で何事もチャレンジ精神をもつ母が居たからこそ苦しい生活を克服して子供達や孫達が育ってこれたと思う。
亡き父も感謝しているだろう。


二間で多人数暮らしをしていたろ、雑魚寝状態の就寝前に「寝るときが一番幸せ。極楽極楽」と毎日言っていた。
リハビリ施設で早朝急変して横になっているこの寝顔は、あの時の寝顔と一緒で微笑みを浮かべている。極楽を感じて眠っているのであろう。


精一杯育ててくれたくれた事を子供・孫達は感謝している。
ありがとう。

2014.3.31-4.2

| コメント (0)

父、重福

父は今年の3月で91歳になる。数えで92歳。

父は若いころ戦争でボルネオ島へ出兵した。
戦争では幸いにも鉄砲で人を撃ったことが無いと聞いた。戦争では食べるものが無くて苦労したが唯一の幸せは、木で完熟したバナナやマンゴーを口にした時だったそうだ。

戦争から無事帰り、大工へ弟子入りした。
私は小さいころから家の棟上げや家具造りに携わる父の姿を目にしてきた。家にはカンナ・ノコギリ・ノミ・各種の道具やクギ類など多くの大工道具が倉庫いっぱいにある。

満州から引き上げてきた高松出身の母と結婚し、私たち子供3人を育てて来た。事情により甥2人を預かり一緒に生活していた時期もあった。

子育ての頃は、贅沢など出来ない毎日の中で、1合半くらい入る直火燗徳利で一杯、時に二杯の晩酌と、刺身がとても好きで一切れでも二切れでもと毎日欲しがっていた。このほかは無駄や贅沢をする事を見ることはなかった。

ただ、生活費を一度持ち出し遊びに行った事や、子供たちのご飯が済んだ後に卓袱(ちゃぶ)台を一度ひっくり返したことを子供心に覚えている。
後から母に聞くと、自分の好みでない刺身は母や子供たちに食べさせ、自分好みの刺身はけっして他に渡さなかったとの事だ。

52歳のころ、食後に「胃が痛い。すっきりしない・・」と言っていたが、結果的には嫌いな医者に行くと胃潰瘍の疑いで2/3の胃切除手術を受けた。術後は一時痩せたが日に5回の食事や禁酒節制で徐々に完全回復した。

定年の年になり、現在の家に移ってからは大工も趣味の世界になり、家庭菜園も毎日の趣味に加わり、新しい楽しみの顔を見るようになった。

しかし年齢を重ねてからは、夏の疲れからの一時入院から心臓不調、病院内での薬の為か?脳梗塞、リハビリ兼ねた施設生活、体調不調など病院生活などでじょじょに体力低下。
しかし、病院生活で不自由さがありながらも愚図ることはない。側で見ているこちらが寧静さに心配を抱くほどだ。



三国時代の諸葛亮(孔明)が「子を誡める書」を残している。
君子の行(こう)は、静 以って身を修め、倹 以って徳を養う。
澹泊(たんぱく)に非ずんば以って志を明らかにするなし。
寧静(ねいせい)に非ずんば以って遠きを到(きわ)むるなし。・・・

「静」とは、シーンとして音が無いのではなく、研ぎ澄まされた活動を導く静。
人は心臓がドクドクと鼓動し、ダイナミックに血が流れ、呼吸もしてダイナミックに動いているが、落ち着いた健康な体は静を以って生命活動をしている。息が乱れ、血流が滞り、脈が荒れていると遠くへ到達、極められない。雑な静は乱れた動となり、騒となる。いい動はいい静につながる。いい仕事、志を達成するには、研ぎ澄まされた静を以って学び極めていかなければならない、と戒めている。

「倹」とは、倹約すること。
無駄口をたたかない。無駄な金を使わない。徳を失う事を倹約していくこと。多弁で喋る必要も無いのにベラベラ喋る、口が軽いのは徳を損う。つまらない事を喋らない。そして、万物に優しく、正義身に付け、礼儀を外さず、より智を求め、信頼を確立していき・・・徳性、技能、知能、習慣・・・徳を養っていく。



父の名前は「重福」。
福を重ねていくと言う名を受けて、しっかり生きてきた。
「福」は幸せの意味ではあるが、棚からぼた餅的な人から思いがけない幸せを手に入れた幸せではなくて、自ら努力して掴む幸せを福と言う。一つ一つの生活の中で仕事の中で、質を高め極めて行き身を修めていく。そして福を重ねていく。

父はいい名をもらい、多くの局面で母や親戚や師匠・先輩や友達の大きな力添えをもらい、そして自身の精進と生き方の中で、こつこつと福を重ねてきた。

仕事であった大工、その基本は切磋琢磨。
その鋸で切る、ヤスリ・鉋で磨く、金槌などで琢(う)つ。、砥石などで磨く、の中で身を修めてきた。
太い歯や細い歯の鋸を使い分け、墨入れした外線に沿って真直ぐに歯が走り、切粉がリズミカルに手元にかぎ出される。
鋸の歯が木の断面を探り当てる音は、濁音無く澄んでいる。

金槌で4cmほどの釘を、頭や首下が曲がることなく5回ほど打ち、最後の一振りで釘の頭を金槌の板の面より1~2mm深く沈める。
釘が下の木材を捕まえる音は、一体化して深く重たい。

沈んだ釘頭の上を鉋が木の目を見極め走る。一回目は毛羽立った木の面のバラバラした鉋屑。二回目は新春の南風が百分代の薄さで透き通った鉋屑を舞い上げる。
一引きの音は短くも無く長くも無く、高くも無く低くも無く澄んでいる。
柱のような長い木の二度引きの音は、途中で移動しながらの二度目の引きも、鉋屑は切れることは無く、音も一引きの音となんら変わらない。

砥石は荒・仕上げ・・と何種類も使い分ける。ノミや鉋刃の角度の付いた背面と腹面は手がブレる事はない。
研ぎ出される刃先は砥石面から浮かび上がり、その音は砥石に深く滲み入る。研ぎ澄まされた歯から出る鉋やノミの音は、木材の中に埋もれている使い手の抱く形を作り出す。

30年前に家を建てた時、父は障子、家具や吊戸棚を全て作った。今も建て付けに狂いは出ていない。親戚の家具や仕事で携わった家具も多く作ったが、狂いが出てないと聞く。



そして今一つ、父に伝えたい事がある。

小生が小学校の頃、「学問のすすめ」を家族の前で本読みする事が宿題で出された。
父は食事を済ませ、いつもの鼻毛を抜いている。

私は教科書を広げ本読みを開始した。
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず。・・・
人は生まれながら貴賎上下の差別ない・・・
学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり・・
無学なる者は貧人となり下人となる・・・」。

本読み後、父が言った。
「俺は学校も出てないし、勉強もしてないから、無学で、貧乏人で、寂しい人間だな・・・」と。

私は、教科書の意味の持つもやもやさ・不自然さを感じながら言った。
「そんな事ないよ。学校に行ける人が行かなくて、行って勉強できる人が勉強しない人が寂しい人だと言ってると思うよ・・・」と。
父の言葉にきちっと答えられなかった。



そして50年近く経った今、伝えたい答えを見つけた。
論語
「子夏(しか)(いわ)く、賢(けん)を賢として色に易(か)え、父母に事(つか)へて能(よ)く其(そ)の力を竭(つ)くし、君( きみ)に事へて能く其の身を致し、朋友(ほうゆう)と交はるに言(い)いて信(しん)有らば、未だ学ばずと曰(い)ふと雖(いえど)も、吾(われ)は必ず之(これ)を学びたりと謂(い)はん。」

通訳
「孔子の門人子夏が言った、賢人を尊び慕いそれを形に表し、父母につかえてよく可能なかぎりの力を発揮し、上司先輩に仕えては一身を捧げ、友と交わっては信あり偽り無ければ、人の道を明らかにし誠心誠意行っているのであるから、人が未だ学んでいない者と言っても、吾はこの人を学問した人と言おう」

『親父さん、先輩・友達を敬い、母親・子供・親戚を大切にし、仕事を教えてもらった先輩を敬い、友達を大切にし、嘘を言わず、誠意を持って人に接し、コツコツ仕事に打ち込み、愚痴を言わず、人の道を外す事なく生きた人は、学校を出た事が問題ではなく、人生の中で学び立派に生きた人だ』と。

父は、「静 以って身を修め、倹 以って徳を養う・・・」の言葉を知らないと思う。
学校も最低限しか出ていないが、毎日の生活の中で身を修め、倹約し、自分の徳を積み、家族や親戚や師友に助け助けられ立派にj学び生きて来た。

子供としてその生き方を誇りに思う。そして次の世代にもその生き方の大切さを引継いで行きたいと思う。

 

2012.1.13-15

| コメント (0)

HHH型インフルエンザ

2009年4月、ニュースは「関西の高校で・・」を伝え、新型インフルエンザが日本を震撼させた。

女房と夫の会話

virgo 「県内で感染者出たようだね。全国でも1,000人を超えたみたいだけど、まだ広がるのかな?」

eye 「威力は今までのインフルエンザとあまり変わらないみたいだし、年配の人には免疫が有りそうと言うし、TearaiUgaiしっかりすれば、そんなに神経質にならなくても・・・」

virgo 「でも、去年のA型のインフルエンザで三日間寝込んだ時はしんどかったよ」

eye 「そんなに大変だったの? ぼくの風邪の時は熱が39.9度で、喉は痛い、寒気でセーターと毛布二枚と掛け布団、二日間ベットでうなってたから何となく分かるけど・・・」

virgo 「私の場合はタミフル飲んだからまだ症状が緩和したけど、幻覚みる、体はしんどい、、体は火照る、熱は40度越える、咳は出る、体はのけぞってう~~っと声が自然に漏れるし、大きな声で叫びたくなる・・・とっても辛かったよ」

eye 「熱40度の症状を除けば、いつもの症状みたいだけど・・・」

virgo 「え~っ ??」

eye 「体は火照り、震え、のけぞるしNokezoru声が漏れ、イク・シヌ・・で放心でぐったり・・・ 、HHH型インフルエンザの症状と同じジャン」

virgo 「え~っ   ほんまじゃ!!」

eye 「免疫を作っておかないとえらい事になるから、今晩、感染防止の強烈なタミフル注射をしてあげます」

virgo 「・・・うん。でも新型は一回じゃ免疫できないんだって・・・Chusha
eye 「認解」

 

 

| コメント (0)

5階の霊

女房と京都小旅行を楽しんだ。

Byodoin Jyukoku Fushimiyume Kizakura  

宇治の抹茶体験と平等院、伏見の酒蔵・十石舟地ビール・・・と盛り沢山の行程。

錦市場、ぐるなび検索の和風居酒屋、看板に引かれて屋台系ワイン店・・・をはしご。

 

夜は四条烏丸のシティホテル泊。仲の良い夫婦と感じたのかフロントマンは「少し広めで静かで音の漏れない部屋を用意させていただきました」と、一番奥の501号室。

部屋に入ると、若干の人の残臭と蒸し暑さを感じ窓を開ける。大きな音は入ってこない。

吉田拓郎の「旅の宿」noteぼくはすっかり酔っちまって・・・君を抱く気もなれないみたいnoteを口ずさみながら、昼間の汗をシャワーで済ませバスローブのままベットに横になる。

女房のふっくらとしたお腹とおっぱいを浴室までボンヤリ目で追いながら、テレビを見るでもなし聞くでもなし・・・

浴室からはvirgo「窓閉めないと風邪引かない? 5階は霊の通り道だから早めに窓を閉めた方がいいんじゃない・・・」を睡魔の中で聞いて・・・

night何時間経ったのだろう。何やら胸のあたりが息苦しい。腰のあたりも身動き取れないし、気のせいか重苦しくも少し弾んでいるような感触。

うう~っ!!! 黒く得体の知れない物か生物が体に半分覆いかぶさって動いている。恐怖と重苦しさで目が開かない。 

「あっちへ行け (lll゚Д゚)  あっちへ行け q|゚Д゚|p ・・・」と頭の中で声を出し、足を動かそうとしても身動き取れない。胸も両手で押さえつけられている。 でも気持ちいい。下腹部に緊張を感じながらも故郷に帰ったような感じの安らぎ。いつか感じた優しさと安堵感・・・。

それは1時間続いたのか? 5分だったのか? その物体は、す~っと離れていった。汗をかきシーツもよじれている。 もしかしてこれが5階の霊かshock。 心臓の落ち着きを待って暗闇で目を開けると、窓が開いている。女房が寝返りした。

 

翌朝、
eye「夜、5階の霊に遭遇したよ。怖かったけど気持ちよかった。夜中に何も気配を感じなかった?」

virgo「やはり5階の霊が来たでしょう。・・・その霊も良かったと思ってるんじゃない・・・たぶん家に帰っても、今夜も遭遇する気がするけど・・・今日は元気が出る物を食べようね」

eye「え~っ?!  ・・5階の霊も良かったみたいだねconfident

| コメント (0)