« 地ビール飲もう 7 (伊勢 麦酒蔵 びあぐら) | トップページ | 天橋立の日本酒を飲もう (白嶺ハクレイ) »

工場のビール飲もう (サントリー京都 ・ キリン神戸)

サントリー京都工場

S25


無料循環シャトルバスが運行している。

乗り場
・「長岡天満宮」
・「阪急長岡天神駅」
・「JR長岡京駅」

・時刻
10:00~最終回15:00(60分毎)
 (4~11月土日祝、最終15:30(30分毎)

・所要時間
60分

S2

S17

 
受付では消毒。

待合ホール。

S11

S16


ホール外には「十月桜」。
・・・十月頃に開花し、冬の間も小さな花が断続的に咲き、春にもかなり咲く。春の花はやや大きく、小花柄が長い・・・とのこと。

見学までの待合室。

S3

S1


敷地内にホップを少し栽培している。
・・・春から夏にかけつるが伸び花をつける・・8~9月に収穫・・雄株と雌株があり、雌株の花のみビールに使用される・・・

工場入り口横のタンク群。

S7

S21


京都西山の深層地下水を使用している・・とのこと

「これらのタンクで一回に50m3仕込む・・・」とのこと。

S8

S26


工場の瓶洗浄ライン、缶詰ライン・・・


低温貯蔵タンク。

 

S10

 

S9


試飲。
もちろん「ザ・プレミアムモルツ」。

「モルツ」も薦められるが、「プレモル」を三杯飲める。

S18

S22


「ザ・プレミアム・モルツ講座」

土・日の10:30、14:00からの90分間の開催。


案内レディは、手順通りの説明はよくしてくれるが、サーバー用のタンクの口金の口径や、苦味度数など聞くも答えられず。
工場マンに聞くも分からない・・・他社比較を含めもうビール全般の事も含め説明・回答を希望。

S23

S24

S27


プレモツ黒が試飲できる。

ただし、ビールの注ぎ方は最低。
試飲時に試飲者に集中して供給する必要からか、グラスに泡なしビールを大量に準備し、希望を受けた段階で泡だけ注ぎ提供していた。
酸化防止の為にも泡が必要・・とかの説明と逆行している。何度意見言っても改善されない。

やはり、プレモルは旨い。

つまみは一般コースと違う。少しグレードが高い。
(BEEF PIE、黒糖ドーナツ棒、やわらか焼ねぎみそ味、ナッツ、ミニケーキ)
 
 
キリンビール神戸工場

K10

K11


JR三田駅から送迎バスあり。

アクセス

13

14


待合室横のモニターでヘルメット・アフロヘアー・鳥などを呼び出して遊べる。


特大ビール瓶からラガーを注いで飲める・・・・?

K1

K2


再資源化、自然・・・など環境問題に対応のパネル。

K3

K4


見学コーススタート場所。



この麦汁を作る「糖化釜」(100kl)は旧尼崎工場から移設。

K5

K6


最初に工場全体の説明をしてくれる。

缶詰ライン。

K7

K9


空瓶の割れ検査ライン。

瓶詰めライン。

K8

K13


ラベルの歴史。

ビールの歴史
・紀元前3000年にすでに作られていた。
・日本へは1613年イギリス船がビール積み平戸に入港。
 

・瓶の蓋はどこのメーカーも21個の絞りがはいっている。これは経験に基づく最適強度、とのこと。

・現在の「一番絞り」は、麦100%「GOLD」が廃止になってから麦100%になった。工場担当者も「GOLD」存在歴史を知らない人が多い。


« 地ビール飲もう 7 (伊勢 麦酒蔵 びあぐら) | トップページ | 天橋立の日本酒を飲もう (白嶺ハクレイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地ビール飲もう 7 (伊勢 麦酒蔵 びあぐら) | トップページ | 天橋立の日本酒を飲もう (白嶺ハクレイ) »