« 広重 東海道五十三次 白須賀 - 汐見坂 模索 | トップページ | 広重 東海道五十三次 亀山-雪晴 »

広重 東海道五十三次 舞阪 - 今切真景



72_3 大きさ:10F  
(画用紙ブック 530×455)
三菱油性色鉛筆ペリシア 
2012年10月28日完成
 
1. 歌川広重
Hiroshige 1797-1858

幕末期に活躍した絵師で、「東海道五十三次」、「名所江戸百景」、「富士三十六景」など多数。
2. 東海道五十三次 - 舞坂 - 今切(いまきれ)真景
. 31_maisaka
1)≒26cm×39cm

2)1832年、広重は江戸から京都御所 に馬を納める御馬献上 の公式派遣団の1人として、東海道を旅し、帰途でも数多くのスケッチを描いた。
帰宅後すぐ『東海道五十三次』の作製に取り掛かり第1回目の版を出した。

3)このシリーズは53の宿場と、出発地の「江戸-日本橋」、到着地の「京都-三条大橋」を含め55枚の浮世絵となっている。

3. 地図でたどる「東海道五十三次」
53tsugi
 




3. 製作過程
 
1_3 2_3 3_3
4_3 5_3


« 広重 東海道五十三次 白須賀 - 汐見坂 模索 | トップページ | 広重 東海道五十三次 亀山-雪晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広重 東海道五十三次 白須賀 - 汐見坂 模索 | トップページ | 広重 東海道五十三次 亀山-雪晴 »