« 金沢の日本酒飲もう | トップページ | 地ビールを飲もう 6 (國乃長) »

木ノ本町 (滋賀県長浜市) 散策

北国街道木之本本宿 MAP
いかごの里 MAP

K2

K1


JR木之本駅

「大阪駅」から湖西線「敦賀駅」経由、または北陸本線「長浜駅」経由

駅内に木之本観光案内所がある。

K22

K21


「木之本駅」から食堂「福田屋」の路地を北へ。

懐かしい地蔵坂。

旧大衆食堂の「越前」、
「ニコニコ洋服店」

 

K3

 

K5


木之本地蔵院(浄信寺)
「目の仏様として知られる時宗の寺。
境内に立つ6mの大きな地蔵像が全国の参拝客を出迎える。
お寺の歴史は古く、白鳳時代までさかのぼる。
空海・木曽義仲・足利尊氏・足利義昭も参拝した
記録があり、賤ケ岳の合戦では、秀吉がしばらく
陣を置いた・・」とのこと。

K7

K4


阿弥陀堂


毘沙門天を祀る。

K8


北国街道は北陸と近畿を結ぶ陸路で名称も経路も時代により変遷してきたが、一般的には金沢城下から中仙道鳥居本宿まで。
木之本宿には本陣、問屋、伝馬所などが設けられた。

K9


約450年の酒蔵「富田酒造」。
代表銘柄は「七本槍」。
 

K12


約450年の酒蔵「山路酒造」。
代表銘柄は「北国街道」、「桑酒」など。

K11


杉玉(酒林)は新酒が出来た時、真新しい緑の酒屋の軒先に看板として出される。

酒林は事のしるし。昔は運搬時の防腐剤として酒樽に入れられたとも伝えられ
ている。

K13

K14


商店の看板「有名なサラダパン有ります」につられて食す。
何のことは無い、沢庵漬物をマヨネーズであえた物。
「店のおばあちゃんが考案して、有名に・・・」とのこと。

K10


北国街道沿いの大衆食堂「ごっとん」 。

この日の定食は「はたはたの煮付け」。

「越前」の話を伺う。
『福井から来られ食堂を始められて、名前が「越前」。美人の奥さんは健在・・・』

K15

K16


バスで 「賤ヶ岳(しずがだけ)リフト」へ。

駅前から約15分。

京都、東寺の近くのご夫人二人組。

K17

K19


坂を登るとリフトのりば。

往復\760 、片道\400。

NHK大河ドラマの影響か「浅井家三姉妹」「近江ゆかりの戦国武将」や「北近江戦国記」などのポスターあり。

K20

K22_2


ポスター、「NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』のふるさとを訪ねて」


賤ヶ岳(しずがだけ)から琵琶湖を展望。

K24

K28


「賤ヶ嶽合戦々殉者霊地」の碑

1582年織田信長の死後、1583年羽柴秀吉と柴田勝家によって日賤ヶ岳北側の山から余呉湖畔、柳ヶ瀬方面で決戦が行われた。

K26

K27


碑から琵琶湖北部。


碑から長浜方面。

K30

K31


賤ヶ岳山頂

標高422m
北緯35度30分10秒
東経136度11分35秒
時差4分46秒

K33

K32


「賤ヶ嶽合戦図」

帰りのバスの時刻を気にしながら、ボランティアガイドさんの詳しい説明を聞く。


余呉湖

K34

K36


「賤ヶ嶽合戦図のあらまし」
・・・1583年4月20日から合戦・・・23日勝家滅びる・・・余呉湖が真っ赤に染まったという・・・

下りリフト。


« 金沢の日本酒飲もう | トップページ | 地ビールを飲もう 6 (國乃長) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金沢の日本酒飲もう | トップページ | 地ビールを飲もう 6 (國乃長) »