« 王陽明 閑是非・閑煩悩を省了す | トップページ | はとバスツアーと相田みつお美術館と大江戸骨董市 »

北斎 冨嶽三十六景-上総(かずさ)の海路 模作

 
72

大きさ:10F  
(画用紙ブック 530×455)
三菱油性色鉛筆ペリシア 
2012年3月11日完成
 
1. 葛飾北斎
Hokusai
1)1760.9.23-1849.4.18
2. 冨嶽三十六景-上総(かずさ)の海路
. Photo 1)約39cm×26cm | 横大判錦絵・木版画 | 所蔵先多数
 
2)1831年(天保2年)頃に刊行されたと推測される連作錦絵作品『冨嶽三十六景』の中の1点。
 
3)新たな波の描写で航行する弁才船。弧を描く水平線。帆と綱が作る三角形。富士の小さな三角形。

4) 房総半島の上総国(かずさのくに)の主な湊・・・(八幡 (市原市)、木更津湊(木更津市)、金谷浦(富津市)、湊浦(富津市)、保田湊(鋸南町)、八幡浦(館山市)など。
 下総国(しもうさのくに)主な湊・・・検見川湊(千葉市)、蘇我野裏(千葉市)、寒川湊(千葉市)など。

5)弁才船を手前に富士を望み、富士の麓に伸びる陸地を背景(富津岬)から、金谷浦・湊浦付近の浦賀水道からの風景と推測されている。

 
3. 製作過程
1
2
3
4
  5
6


« 王陽明 閑是非・閑煩悩を省了す | トップページ | はとバスツアーと相田みつお美術館と大江戸骨董市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王陽明 閑是非・閑煩悩を省了す | トップページ | はとバスツアーと相田みつお美術館と大江戸骨董市 »