« 広重 東海道五十三次-蒲原 雪の夜 模作 | トップページ | 父、重福 »

広重 名所江戸百景-大はしあたけの夕立 模作

72

大きさ:10F  
(画用紙ブック 530×455)
三菱油性色鉛筆ペリシア 
2012年1月4日完成
 
1. 歌川広重
Hiroshige
1797-1858

幕末期に活躍した絵師で、「東海道五十三次」、「名所江戸百景」、「富士三十六景」など多数。
2. 名所江戸百景-大はしあたけの夕立
. Hiroshige_bridge00
1)

名所江戸百景は、歌川広重が1856年2月から1858年10月にかけて制作した連作浮世絵名所絵 

2)
日本橋から深川を結ぶために隅田川(大川)へかけられた新大橋で降る夕立の情景を描いた作品。

3)
本作は後期印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホによって模写(模写作品『日本趣味 : 雨の大橋』)され外国でも広く認知された。
 
3. 製作過程

1
2

3
4
5








« 広重 東海道五十三次-蒲原 雪の夜 模作 | トップページ | 父、重福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広重 東海道五十三次-蒲原 雪の夜 模作 | トップページ | 父、重福 »