« 明徳を明らかにする | トップページ | 地ビール飲もう 1 »

「大学・小学」に触れる

小生には難解であるが修自己チャレンジ精神で掲載を試みることとする。

 

1.「大学(だいがく)」とは
 1)大学の要領は自己を修め、人を治める。
  学問をもって己の徳を明らかにし、これを社会国家に明らかにする学問、中国先哲の書籍。 

 2)大学は「礼記(らいき)」の一篇を司馬温公が抜き出し「大学広義」とした。
  程明動・程伊川兄弟が「論語」「孟子」「中庸」と併せて推奨した。
  朱子が秩序だて組織だて改変し四書の一つとして世に広めた。
  紀元前430年頃書かれた。

 3)大人(だいじん)の学、学校制度の最高機関、自己を修め人を治める学問・哲学。

 4)銅像の二宮金次郎が薪を背負って読んでいる本が「大学」。

 5)「大学」の要旨…三綱領と八条目と注釈から成り立っている。
  (1)三綱領
   ①明徳を明らかにする…はるか先代から潜在し持っている徳・能力を発揮する。
   ②民に親しむ…自己を新たにし民に親しむ。
   ③至善にいたる…絶対的な善に到達する。

  (2)八条目
   ①格物 ②到知…知を到(きわ)むるは法を格(ただ)す。法則・真理を正しく把握する。
   ③誠意…意を誠にする。
   ④正心…心を正す。
   ⑤修身…身を修める。
   ⑥斉家…家を斉える。
   ⑦治国…国を治める。
   ⑧平天下…天下を治める。

       これを図に示すと

Daigakutaikeizu

 

1.「小学(しょうがく)」とは  →「小学」目次
 1)初級の学校、いろいろな知識や学問の根底をなす文字・文章に関する学問、日常実践の学問。

 2)朱子が儒学者や偉大な先覚者たちの範となるものを拾い、2編・274四条目にまとめた。
  紀元前430年頃書かれた。

 3)まず、小学を読み自己を修めた上で、大学を読むべきと言われている。

 4)表向きは朱子の編著となっているが、弟子の劉子澄(りゅうしとう)が編纂したと言われる。

 

 

 


« 明徳を明らかにする | トップページ | 地ビール飲もう 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明徳を明らかにする | トップページ | 地ビール飲もう 1 »