« HHH型インフルエンザ | トップページ | 明徳を明らかにする »

岡山 フランス家庭料理店

  Puchi1 Puchi2

 

17年ぶりに「本格フランス家庭料理店」プチマリエ (岡山市柳町) に入った。オーダーストップ前。

「ワインだけでもいいですか?」に、「すぐテーブルを用意しますから」と小走りで、小柄で可愛い奥さんの快い返事。17年前と変わらない対応に少し微笑む。

以前食した「舌シチュー」の味が忘れられなくて、気になっていた。
何度も店の場所を思い出し足を運ぶが見つけられないでいた。店の場所が少し南に移動していた。
店を探し出す気持ちが弱かったと少し悔いた。

 

Puchi3 一番奥のテーブル。出されたメニューに「舌シチュー」を探したが見当たらない。幾分メニューも豪華になっていた。
白と赤ワインを注文。

少し時間が経って奥さんが来て「お久しぶりでございます。」
「え! 覚えていただいているのですか?」
奥さんは軽く頷きテーブルを離れた。
社交辞令でない言葉の中に、人に対する優しさ温かみを感じた。

自分を省みて、また一つ自分の非を知った。

 

Puchi4 Puchi5 Puchi6

ディナーには手が届きそうにないが、ランチの中にいい思い出を甦らせてもらえそうだ。

 

 


« HHH型インフルエンザ | トップページ | 明徳を明らかにする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HHH型インフルエンザ | トップページ | 明徳を明らかにする »